医療法人社団曙会 トップページ


新着情報
病院概要
理念・基本方針
病院の特徴
診療実績
施設・設備の紹介
地域医療連携室
開放病床の紹介
乳がん検診について
特定健康診査・特定保健指導
生活習慣病外来
禁煙外来
痔疾患治療について
リウマチについて
診療スタッフ紹介
曙会について
アクセス
関連施設の紹介
総合健診センター
リハビリテーションセンター
ナーシングホーム湯田温泉
訪問看護ステーション
在宅ケアセンター
各種相談窓口
個人情報保護について
一般事業主行動計画について

トップページ


病院の特徴

当院は医師・看護師・薬剤師・診療放射線技師・理学療法士等の医療スタッフがチーム医療を実践し、早期退院をめざす急性期病院です。
消化器・整形・外傷外科ならびにがんの外科を中心に、昭和34年の創業以来約50年の歴史と実績があります。

最先端の腹腔鏡下手術や、ポリープ切除など、従来は「専門的な手術は大病院で」というのが常識でしたが、当院では早くからこうした高度医療に取り組み、大病院と変わらない診療が可能です。

腹腔鏡下手術(胆のう、胃、大腸)は、開腹手術よりキズが小さく入院期間が短い利点があります。当院ではこの術式を導入し安全に手術を行っています。

「苦痛の少ない胃大腸内視鏡検査」により、がんやポリープの早期発見・早期治療に高い実績があります。胃内視鏡検査につきましてはご希望により経鼻内視鏡検査も可能です。

「麻酔科標榜医」(麻酔科免許医師)がいるので安心して痛みのない手術が受けられます。

C型肝炎に対するインターフェロン治療をはじめ、肝臓がんに対する早期診断から肝切除術肝動脈塞栓療法経皮的エタノール注入療法ラジオ波焼灼療法など幅広い対応が可能です。

日本医学放射線学会が定めるマンモグラフィ撮影機器を設置し、マンモグラフィ精度管理中央委員会の定める @機器設備や画像の精度 A技師の撮影技術 B医師の読影能力の3項目すべての基準を満たし、高い水準で検査・診断を行っていますので、安心して検査を受けていただくことができます。検査後、必要に応じて精密検査や治療などが実施できる体制を整え、病期に応じて、乳房温存・胸筋温存などの縮小手術を行っています。



超伝導MRIマルチスライスCTカラードップラー超音波診断装置マンモグラフィデジタル透視撮影システム(DR)など最新の画像診断機器を備え、専任の放射線科専門医が迅速・的確な診断にあたります。

PACS(医療用画像管理通信システム)を導入し、医療用画像データを従来のフィルムからパソコンのモニターで見ることが可能となり、その画像データを半永久的に管理・保存することが可能となりました。院内のネットワークを介し、診察室の高精細モニターで画像データを見ながら診察できます。

肛門疾患は、悩まれている患者様が多いわりに、大病院では積極的に取り組まれていない疾患です。当院では、苦痛の少ない治療法(ジオン療法)を取り入れています。

骨折、脱臼、靱帯損傷、捻挫、打撲などの急性外傷から、腰、肩、膝の痛みやリウマチといった慢性疾患まで、専門の整形外科医師が診察、治療にあたります。

内科疾患には内科医師が診察、治療にあたります。生活習慣病といわれる高血圧・脂質異常症・糖尿病には食事療法などの指導も行っています。

当院は急性期病院のため一般病床のみで、療養病床はありません。手厚い看護体制で早期退院をめざします。




救急指定病院として、急病には365日・24時間対応しています。

山口大学消化器・腫瘍外科学および岡山大学消化器・腫瘍外科学の連携病院です。

開放病床を設置しており、入院中はかかりつけ医と当院医師が共同で診療にあたることができます。
開放病床とは、「病院のベッドの一部を診療所のかかりつけ医に開放し、当院の医師と共同して診療を行うことができる病床」です。

総合健診センターは、人間ドック健診施設機能評価認定施設です。また日本総合健診学会指定の人間ドック優良施設としても認められています。特定健康診査・特定保健指導を実施し、生活習慣病健診や各種個別検診などさまざまなご要望にもお答えします。


リハビリテーションセンターでは理学療法士・作業療法士が外科・整形外科手術後や脳血管疾患急性期を中心にリハビリに取り組んでいます。湯田温泉から引湯している運動浴プールが特色の一つです。

病気が軽快した後は、関連施設での施設療養や、在宅での訪問看護介護保険サービス等を提供しています。医療ソーシャルワーカーがいますのでお気軽にご相談ください。



医療法人社団曙会 佐々木外科病院
〒753-0076 山口県山口市泉都町9-13 TEL083-923-8811
  トップページ