痔疾患治療について

ALTA(ジオン)療法による新しい治療を行っています

ALTA(ジオン)とは、硫酸アルミニウムカリウム及びタンニン酸を有効成分とする局所注射用配合剤で、中国において内痔核の硬化療法剤として承認されている「消痔霊」の添加剤の一部を変更した薬剤です。 本邦において内痔核硬化療法剤として、沖縄のベンチャー企業であるレキオファーマ株式会社と田辺三菱製薬が 共同開発しました。

ALTA(ジオン)は四段階注射法という独特の手技を用いて投与する為、使用に際しては痔治療に精通し、手技の理解が必要で、“内痔核治療法研究会”の指定する 講習会を修了した医師しか使用が認められていません。 当院では、院長 佐々木 明 、外科部長 水本 一生 が認定を受けています。お気軽にご相談ください。
 

ALTA(ジオン)の有効成分

硫酸アルミニウムカリウム痔に流れ込む血流量を減らし、痔を固め出血症状や脱出症状を改善します
タンニン酸硫酸アルミニウムカリウムの働きを調節します

有効成分である 硫酸アルミニウム・ンニン酸の成分名を略して「ALTA療法」といいます。
 

治療方法

肛門内を十分に観察する為、腰椎麻酔下で施行しますが、注射が主体の為切除や縫合は行いません。
一つの痔核に対して分割して4箇所(上図)注射します。
これは薬液を十分に浸透させる為の方法で、「四段階注射法」といいます。
ALTA(ジオン)を投与すると、痔核を養っていた血管がつぶれ痔核自体が小さくなり出血が止まります。痔の脱出の程度が軽くなり、痔核のくっついている粘膜組織が硬くなり癒着・固定されます。次第に痔核の脱出(脱肛)がなくなります。
複数の痔核がある場合には、それぞれに投与します。また、外痔核を合併している場合には切除術を行うことがあり得ます。手術に要する時間は10分程度です。
 

治療対象となる痔

 脱出を伴う内痔核

排便時に出てくる、あるいは普段から出たままになっているようないぼ痔に対して注射療法が可能です。

外痔核や痔瘻、裂肛、肛門狭窄、大きすぎる痔などは対象になりません。
また妊娠中や授乳中の女性、腎不全で透析を受けられている方は禁忌です。

 

経過


拡大
入院計画表入院は、原則として1泊2日です。
入院計画表を作成しており、これに基づき患者様に理解を深めていただきながら、治療を進めています。
 

入院費用

約40,000円〈3割負担の方〉(別途室料が必要となります)

痔の治療は手術だけではありません。 お薬だけで治るものもあり、注射や手術の必要なものなど、人によってさまざまです。 正しい診断のもとで適切な治療ができるよう、お気軽にご相談ください。

 

 

 

 
 
Home病院概要アクセス